2019年10月25日(金)

鍛造の指輪制作について・・・

 先ほどまでご来店中だったお客様からの情報で、結婚情報誌等の記事で、どうやら「鍛造品の結婚指輪が良い!」というのが流行だそうです。私は「・・・?」絶句しました。確かに巷の宝石店では、「鋳造品」がメインです。

少し説明しますと、鍛造品は金の合金地金やプラチナの合金地金を文字通り叩いて鍛えていく手法です。叩いてなましてを繰り返すことによって地金が締まって硬くなったり強度が増したりします。鋳造は型に地金を流し込んで指輪にします。溶かした金属を型に入れて固めただけなので、強度はかなり差があります。表面を磨いて仕上げたらほとんどの方には差がわかりません。

ただ、飾り職人にとっては始めの一歩の手法で、基本中の基本です。本物の飾り職人でこれが出来ない人はいません。

地金を溶かして、金槌で叩いて、火でなまして、角棒にしたり、板にしたりします。その後ローラーで徐々に細くしたり薄くしたりして制作に必要な部品を作って組み立てていきます。この先から腕とセンスが必要になって、巧い職人とそうでない人に分かれます。角棒をうまく直方体に叩くことも簡単じゃないから、結婚指輪用に平角線や甲丸線に出来るだけでも今どき珍しいのかもしれません。

もすけ社長が結婚指輪を作る場合は、鍛造で作るのは40年前から当たり前のことで、当時の職人なら通常の指輪制作作業です。地金を用意して結婚指輪なら当然2本分の長い平角線にして、その1本からサイズに合わせて2本にし、デザインに合わせ仕上げます。もちろん指輪をつける方の幸せと健康を想い氣を入れて制作しています。(サイズと地金にもよりますが、1本¥77,000-からできます。)

今は、量産メーカーが3ⅮCADや3Ⅾプリンターでワックスを作って鋳造して、そのまま製品にしたり原型にしたりして量産ラインに乗せますので、差別化(特別感?)のために鍛造というのをキャッチコピーにしたのでしょうか?

確かに刀鍛冶が身を清めて、白装束で刀を打つ姿を、鍛造の指輪を作る職人と重ねれば別格の注文品に思えますね。

そういえば車のホイールの有名ブランドBBSの鍛造ホイールは、鋳造したホイールを型に入れて高圧プレスして製品にしています。ある意味量産品です。バブル期うちの車で履いていた。

同様にして指輪を作って、表面処理をハンマーで叩いても鍛造特注品なのかもしれない・・・。

鍛造で作った指輪鍛造で作った指輪

続きを読む...

2019/10/25 18:48 | てまえみそ | コメント(0)

2019年10月25日(金)

フルエタニティーリングのご注文

フルエタニティーリングフルエタニティーリング

 ダイヤモンドフルエタニティリングを作りました。通常よく見る形ですが、もすけ社長が作ると裏のダイヤモンドの光取り穴(ミーザジュール)がハート❤️になります。

よく問い合わせで、もすけ社長が作るのは高級品だけで、お高いのでは?と聞かれますけど、高いのは技術だけです。加工代金は手間の時間で算出されますので、下手な職人さんが時間をかけて作った方が高くていまいちな製品が出来てしまいます。センスやテクニックがないと美しく素敵なジュエリーは出来ません。ダイヤモンドや金やプラチナは相場があって材料費はどこでも同じです。個人のお店で、もすけ社長が直接作ってお客様にお渡ししますので経費もそれほどかかりません。そして長年にわたる業者さんとの付き合いで、ダイヤモンドや色石も相場より多少はお安く調達出来ます。
今回は、お客様のサイズが#9.25という微妙なサイズで、ダイヤモンドの直径と数を指のサイズに合わせてぴったり並んで留まるよう計算して制作します。
もちろんダイヤモンドのテーブル面の高さも同じで、テーブル面の方向も全て同じ向きです。
今回は、制作費と地金代金が、税別¥13万円位で、直径2.3~2.4mmのAAクラスのダイヤモンドが整然とキッチリ23個入ってトータル1.06ct(¥19万円位)でした。
そして今回のダイヤモンドフルエタニティリングの値段は、¥32万円(税別)でした。
このレベルの、カラーがFアップでクラリティーVSクラスでカットもベリーグッド以上のダイヤモンドを使用した場合は、ほとんどの同様の形の指輪と比べた場合「ダイヤモンドが綺麗で勝てます!!」
もっとキレイにしたい場合は、ダイヤモンドのグレードをハリー・ウィンストン同様にAAAクラス(Ⅾ-VVS-EX以上)のダイヤモンドを使用して¥50万円位で御作り出来ます。
通常の宝石店と同様レベルのダイヤモンドグレードの場合は¥26万円位で出来ます。もちろんダイヤモンドを一回り小粒にしてトータル0.5ctくらいであれば、¥20万円程で出来ると思います
#10サイズくらいが基準の価格です。サイズの大小でダイヤモンドの大きさや個数が違いますのでお問い合わせくださいませ。
 
もすけ社長
 

続きを読む...

2019/10/25 10:54 | てまえみそ | コメント(0)

2018年04月05日(木)

高品質ルビーの指輪

高品質ルビーの指輪高品質ルビーの指輪

 ミャンマー・モゴック産の非加熱ルビー3.5ctです。

このサイズさえ仕入れが困難になってしまいました。2006年当時でも¥700万円くらい、今綺麗なピジョンブラッドなら1億円以上"(-""-)"

一昨年から、「ミャンマー・モゴック産の非加熱ルビーで10ctオーバーしかもピジョンブラッド」を探してほしいと言われ、モゴックの友人やインドの友人に連絡を入れ探していました。時々サザビーズやクリスティーズで同じようなルビーが10億~15億円で落札されていたので、それ以上出さないと無理じゃん!とお伝えしましたところ、「出す!」と。

モゴックのルビーのオーナー達でさえ、普通持っていても出さないし、出せば他に知られる訳で、面倒が多くなるので家を建てるとかの金策時以外出すわけありません。で、ちょっと品質の悪いピジョンブラッドではない11ctが5億円くらいで出てきましたが、お客様はパス。

そのまま1年が経ち、ようやくインドの裕福な大地主だった先祖を持つ友人から連絡が来て、「12ctのグベリンとGRSとSSEFの鑑別書付(スイス御三家じゃん)13億円で売るって。もちろんキャッシュオンデリバリーだよー」って。

お客様に連絡したら、「遅いから、ビル買っちゃった!」だって。

・・・

手数料でメルセデスSクラスとフェラーリとポルシェも買えたのに~

 

ビルマ・モゴック産の非加熱ルビーってだけでも私なんかワクワクするけど、お客様は投資目的だったんだって。

今は高騰しすぎだけど、ダイヤモンドと違って産出量も供給量も超少ないから、まだ上がるんだろなあ。

 

 

 

 

続きを読む...

2018/04/05 15:04 | てまえみそ | コメント(0)

2018年04月05日(木)

東京世田谷のジュエリーオーダーメイドとリフォーム専門店 ビルマモゴック産の非加熱ルビー・サファイア取り扱い店

ミャンマー・モゴック産の非加熱レッドスタールビーミャンマー・モゴック産の非加熱レッドスタールビー

 宝石やジュエリーの制作とかリフォームをするお店は、たくさんあります。

普通のデザインを選ばれるのであれば、都会でも地方都市でも、どこの宝石店でやっても同じような値段で同じようなものが出来ます。通常一般のジュエリーの制作やリフォームを請け負うショップは、石のサイズごとに同デザインの型があり(吊るしの洋服と同じ)、それを選ぶことで決まります。たくさんある中から自分だけの物を選ぶという事は多少嬉しいですが、日本中の普通の宝石店にある形です。いろんな雑誌にも沢山載っているので安心感はありますが。

私は30年以上前、量産品の原型(元型)を沢山作っていました。毎企画ごとに数十型指輪やペンダントを作るのですが、当時私は、ちゃんと正確に作っていても残念ながら「気」を入れて制作していなかったように思います。世はバブルだったし納期やノルマに追われ数をこなして収入アップで喜んでいました。だんだん腕が上がると他の職人が出来ない面倒で難しい仕事が回ってくるようになり、採算の合わない仕事(簡単なデザインを作る格下の職人の方が収入が多くなる)に嫌気がさし、そして、やがて追い回される量産品制作から足を洗った?わけです。

で、独立し今に至っています。

どれほどの腕前かは、ホームページの作品をご覧ください。

手前みそながら、「オールラウンド・マルチプレーヤーこだわり職人のプロ」って感じでしょ。

以前のホームページは自分で画像もコメントも入れていたので、「想い」が伝わったのか、マニアの方がたくさんいらっしゃいました。それは、きっとビルマ産非加熱ルビー好きっていう切り口で、偏って作っていたからでしょうね。その頃学生さんだったお客様とルビー談義をメールでしていて、10年後来店され「ミャンマー・モゴック産の非加熱ルビー」しかも「レッドスタールビー」3ctをご購入いただきました。その時は仕入れのタイミングに合わせモゴックで探していて、数個しかスタールビーが見つからず、次のチャンスでゲット出来た、すごく綺麗なスタールビーで、しかも赤いスターが出る希少なレッドスタールビーだったのです。

気に入るものが他の宝石店に無かったら、うちに来てください。

在庫はないけど、お客様のお望みの形は何でもお創りすることが出来ます。

当店を選ばれるお客様は、ご自分の為にデザインも材料もこだわって選ばれる方が多いです。

もちろん全てお任せもあります。(信用されているから(*_*;・・・結構大変!)

お気に入りのショップを探すのは大変です。値段を気にしないで購入される方であれば有名ブランドジュエラーを選ばれますが。値段を気にせず買われる方でも当店を選ばれます。だって、「ブランド名」やマークや箱や包み紙さえ気にしなかったら、同等以上の高品質で細やかな細工を施して半分の値段で買えます。

後々私があの世に行ってから、「もすけ社長の作品」が注目されるかもしれないです。

続きを読む...

2018/04/05 12:51 | 未分類 | コメント(0)

2018年04月03日(火)

東京世田谷ジュエリーのオーダーメイドとリフォーム専門店やってます。

私の作った指輪たち私の作った指輪たち

 もすけ社長のブログです。

このホームページでは、ブログやってなかったのですが、アクセスが少ないのでテコ入れに始めます。

 

さて私は、ルビー大好きなおっさんの職人です。

昔昔は、大きな宝石を使った何千万円とかいうのをいっぱい作りました。

でもその時は、凄いの作っていても楽しくなかった。忙しくて忙しくて納期に追いかけられ、それなりに加工代金頂いても嬉しくなかった。当時は、直接お客さんの顔も想いも分からなくて、ただ担当者に催促され間に合うよう仕上げていました。

お店始めてからは、納期は自分のペースで余裕をもって出来るので、当初思い通りの仕事が出来ると思っていました。

でも経営とか考えると、資金準備やら仕入れの順番や、多少作品の納期のスピードとか順番とか考えないといけなくなり、結構面倒で、ただ催促されてやっていた方がずーっと楽!というのが分かった次第です。

そして、やっぱり自分のお店を持つというのは大変なんだというのが、やっとわかりました。

 

色々なお客様にお会いして、お話をして、最初は雑談から始まりやがて「どんな時に、どんな人と、どんな場所で、どんな服装で、・・・」等々お聞きして、お好みの形や材料、材質、特別なこだわりがあれば取り入れ、よく聞いてから制作に取り掛かります。そして、「あの人は、きっとこれを着けて素敵な洋服で出かけるんだろうなあ」など幸せそうにしている姿を想いながら作ります。途中で画像を送ったり仮縫いの様に試着したり、自分でも結構楽しく仕事が出来、ようやく私も幸せを感じたのでした。

2018/04/03 17:42 | 未分類 | コメント(0)

RSS